顔に出る加齢の症状

顔をケアしてる女

歳をとると、身体の機能がだんだんと衰えていきますが、これは身体も年齢とともに老化していくことが原因となっています。
しかし、ほかにも歳をとることで出る症状というものがあり、それは肌出るしわやほうれい線などになります。
これらは肌の老化が進んでしまうことで、出来る症状の一つになっており、これらが出来ることでより年齢がより老いて見えてしまうことがあります。
そもそも、これらしわやほうれい線が出来る原因は老化だけなのでしょうか。

しわが出来てしまう原因は、大きく6つに分けることが出来ます。
これは「紫外線」、「乾燥」、「表情」、「筋肉老化」、「痩身」、「スキンケア」の6つになっており、これらが原因となりしわが出来てしまいます。
なかでも主な原因としてあげられるのが、乾燥が原因となるしわであり、これは肌が乾燥し潤いが無くなることでしわが出来やすい状態を作ってしまうことでしわが出来てしまいます。
小さなしわが出来始め、だんだんと太く、大きくなってくのが特徴になっており、放置してしまうことで徐々に目立っていってしまいます。
乾燥肌にしてしまわないためにも、肌の保湿をきちんと行うことが大切になります。

また、しわの中でもより歳老いて見える原因になるのが、「ほうれい線」になります。
ほうれい線はしわが出来る原因とほとんど同じになる、「紫外線」や「乾燥」が原因となり出来ます。
肌が乾燥している状態が長く続いてしまうことで、ほうれい線が出来てしまう環境を作ってしまい、それと同じようにしわも出来てしまいます。
また、ほうれい線は加齢により出来てしまうこともあり、これは表情筋や首の筋肉などが衰えてしまうことが原因となっています。

このような原因で出来るしわやほうれい線は長い期間放置してしまうことで、自分自身で行う改善法で上手く改善することが出来なくなってしまいます。
そのため、このような場合は美容外科での治療を受け、効果的に改善していくことが大切になります。

Comments are closed.

アーカイブ
カテゴリー